【京都散歩】2月2日節分会 平安神宮(>u<)

2014.02.03.Mon.10:24
昨日は終日節分会巡りをしていました!

っていっても寝坊したので
あんまり回れてませんが。笑
今日も引き続きまわってきたいと思います!

ではまず昨日の振り返りから♡

まずは東山で地下鉄東西線を降りて

平安神宮へ。


COCUEは東山エリアが大好きなので
平安神宮前の鳥居を見ると、

「あぁ京都に来たなあ。。」

と思うんです。
五重塔でもなく、清水の舞台でもなく。
そのわくわく感は
鳥居の大きさから来てるかもしれません♡


平安神宮は朱色で本当に綺麗だけど
これってなんの建物なんだろう??

って昔は思ってました。

綺麗なのもそのはず、
第四回内国博覧会が京都で行われた時に
作られた建物なんです。

内国博覧会を機にいろいろなものが
作られていて、
路面電車だとかもそれがきっかけでした。

祭神は桓武天皇孝明天皇
はじめは桓武天皇のみだったのですが、皇紀2600年を記念して、孝明天皇も祀られました!

比較的新しく建てられた建物ですが、
時代祭の終点となっているなど、
京都のシンボルの一つとなっている気がします^ ^

昨日の節分会は、というと、
特にまだ何もやっておらず。。。汗

ホームページによると、

二月三日
「奉納狂言」平成26年 午前11時半~午後2時ごろ (儀式殿)
大蔵流 茂山社中が奉仕して奉納されます。
「節 分 祭」 午後1時斎行 (本 殿)
古来節分に年があらたまると考えられており、迎える春の平安をご神前に祈念いたします。

「大儺之儀」 午後2時 (大極殿下斎場)
平安時代、宮中で行われていた年中行事「追儺式」を再現した儀式です。

「豆撒き行事」 午後3時
鬼の舞 (境内一円)
 大儺之儀で追い祓われたはずの邪鬼たちが再び応天門から侵入してきます。
 境内をわがもの顔で暴れまわりますが、最後には市民の代表に打豆にあって追い祓われます。
 茂山千之丞師が構成演出を担当し、茂山社中の扮する鬼たちの舞は圧巻です。

ということで、
三日が本番みたいですね。笑

まあ今回の平安神宮は
ちょっと立ち寄っただけ、なので
落胆もあまりなく去ることが出来ました。笑

では昨日のメインは…というと…

須賀神社!!!

平安神宮の裏手にある神社です。
次回は須賀神社の節分会の記事です(・u・)






三毛猫ブログ http://pecopeconecoco.blog.fc2.com/
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
コメント

管理者にだけ表示を許可する